ホーム > 研究の概要 > 研究実績

研究実績

Ⅰ.著書

  • Tamagawa-Mineoka R, Katoh N. Platelets. Kabashima K Editor. Immunology of the Skin. Springer Japan, 213-226, 2016.
  • Tamagawa-Mineoka R, Ueta M, Katoh N. TLR3 and Inflammatory Skin Diseases: From Environmental Factors to Molecular Opportunities. Georg T. Wondrak Editor. Skin Stress Response Pathways. Springer, 235-250, 2016.
  • 加藤則人. 外用ステロイドの特徴と使い分け. 金澤一郎、永井良三総編集. 今日の治療指針 2016年版. 東京:医学書院, 1226, 2016.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎、アレルギーの側面から. 宮地良樹編. 皮膚疾患ベスト治療 臨床決断の戦略・エビデンス. 東京:学研メディカル秀潤社, 15-23, 2016.
  • 加藤則人. 診察の方法(1)医療面接、診察にあたって気をつけること. 佐藤伸一、藤本学編. 皮膚科研修ノート. 東京:診断と治療社, 68-70, 2016.
  • 加藤則人. 母親の心を動かすアトピー性皮膚炎の治療. 宮地良樹編. そこが知りたい!達人が伝授する日常皮膚診療の極意と裏ワザ. 東京:全日本病院出版会, 129-134, 2016.
  • 加藤則人. スキンケアでアトピー性皮膚炎は予防できるか? 宮地良樹、鶴田大輔編. WHAT’S NEW in 皮膚科学2016-2017. 東京:メディカルレビュー社, 24-25, 2016.
  • 加藤則人. 皮疹(蕁麻疹)、皮膚炎. 上阪 等、渥美達也、亀田秀人、中島裕史、藤本 学、山口正雄編. 膠原病・リウマチ・アレルギー研修ノート. 東京:診断と治療社, 237-239, 2016.
  • 加藤則人. 「ステロイド外用薬の種類と使い方について教えてください」, 121-125、「ステロイド外用薬の副作用について教えてください」, 126-127、「ステロイドが効かなくなるのは本当ですか?」, 128-129、「タクロリムス(プロトピック)軟膏の使い方のコツや注意点は?」, 130-131、「皮膚感染症を起こしているときにはステロイド外用薬を中止すべきですか?」, 134-135. 田原卓浩、宮田章子編. 総合小児医療カンパニア、専門医が答えるアレルギー疾患Q&A. 東京:中山書店, 2016.
  • 加藤則人. 弱いステロイドは慢性化のもと? 宮地良樹編. 皮膚科頻用薬のコツと落とし穴. 東京:文光堂, 35-37, 2016.
  • 加藤則人. プロアクティブ療法は有用なのか? 宮地良樹編. 皮膚科頻用薬のコツと落とし穴. 東京:文光堂, 63-65, 2016.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎. 大谷道輝、宮地良樹編. マイスターから学ぶ皮膚科治療薬の服薬指導術. 東京:メディカルレビュー社, 254-256, 2016.
  • 益田浩司. いつまで内服する?止め時は? 宮地良樹編. 皮膚科頻用薬のコツと落とし穴. 東京:文光堂, 199-201, 2016.
  • 益田浩司. インバース・アゴニストについて教えてください. 大谷道輝、宮地良樹編. マイスターから学ぶ皮膚科治療薬の服薬指導術. 東京:メディカルレビュー社, 70-71, 2016.
  • 浅井 純. 第3章おもな皮膚疾患 皮下腫瘍の診かた.  永井良三総監修. 皮膚科研修ノート. 東京:診断と治療社, 482-484, 2016.
  • 浅井 純. 褥瘡. 福井次矢、高木 誠、小室一成総編集. 今日の治療指針. 東京:医学書院, 1282-1283, 2016.
  • 峠岡理沙. パッチテストパネル®(S)はどこまで有用か? 宮地良樹、鶴田大輔編. WHAT’S NEW in 皮膚科学. 東京:メディカルレビュー社, 180-181, 2016.

Ⅱ.総説

  • Katoh N. Atopic Dermatitis, Beyond the Skin Surface. Pediatric Allergy, Immunology, and Pulmonology 29(4); 159, 2016.
  • Tamagawa-Mineoka R. Biomarkers for Atopic Dermatitis in Children. Pediatric Allergy, Immunology, and Pulmonology 29(4); 164-169, 2016.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎のアドヒアランス. 医学のあゆみ256(1);75-79, 2016.
  • 加藤則人. 皮膚アレルギーに関するいくつかのトピックス.  J Environ Dermatol Cutan Allergol 10(1);1-5, 2016.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎. BIO Clinica 31(2);131-135, 2016.
  • 加藤則人. ステロイド外用薬. レジデント9(5);14-20, 2016.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎. 小児内科48(4);459-463, 2016.
  • 加藤則人. 消化器疾患と皮膚病変. 京都消医会報31;21-24, 2016.
  • 加藤則人. アレルギー疾患のすべて アレルギー疾患の診かた 皮膚科. 日医師会誌145(特別号1);S88-S89, 2016.
  • 加藤則人. 経皮感作Update. J Environ Dermatol Cutan Allergol 10(3);190-194, 2016.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎の最新の治療. 日臨皮誌33(5);601-603, 2016.
  • 加藤則人. 手湿疹の病型・病態. MB Derma 248;7-12, 2016.
  • 加藤則人. 手湿疹. 日医師会誌 皮膚疾患ペディア145(特別号2);S55, 2016.
  • 竹中秀也. 特集メラノーマ−基礎から最新薬物療法まで−臨床診断. CURRENT THERAPY34(4);20-25, 2016.
  • 益田浩司. 抗ヒスタミン薬. レジデント9(5);37-44, 2016.
  • 益田浩司. 筋弛緩薬によるアナフィラキシー. 臨皮70(5);161-163, 2016.
  • 益田浩司. 周術期の蕁麻疹管理(麻酔薬によるアナフィラキシーを含めて). アレルギー・免疫23(7);72-78, 2016.
  • 中井章淳. 皮膚科領域の漢方療法−アトピー性皮膚炎に対する漢方併用療法−. 京府医大誌125(2);135-142, 2016.
  • 浅井 純. 知っておきたい表在性軟部腫瘍―すべての臨床医のために―真皮・皮下組織に発生する腫瘍 皮膚科医の立場から. 京府医誌125(6);379-387, 2016.
  • 峠岡理沙、加藤則人. こんなとき困らない皮膚科救急マニュアル 接触皮膚炎. MB Derma 248;112-118, 2016.
  • 峠岡理沙、上田真由美、加藤則人. アトピー性皮膚炎におけるToll-like receptor 3 の役割の解明. アレルギーの臨床36(4);384-390, 2016.(感覚器未来医療学との共同)
  • 和田 誠.  特集メラノーマ−基礎から最新薬物療法まで−BRAF変異メラノーマに対する薬物療法. CURRENT THERAPY34(4);64-69, 2016.

Ⅲ.原著

  • ○Asai J, Hirakawa S, Sakabe J, Kishida T, Wada M, Nakamura N, Takenaka H, Mazda O, Urano T, Suzuki-Inoue K, Tokura Y, Katoh N. Platelets Regulate the Migration of Keratinocytes via Podoplanin/CLEC-2 Signaling during Cutaneous Wound Healing in Mice. Am J Pathol 186(1);101-108, 2016.(免疫学との共同)
  • Hotta E, Asai J, Okuzawa Y, Hanada K, Nomiyama T, Takenaka H, Katoh N. Verrucous lesions arising in lymphedema and diabetic neuropathy: Elephantiasis nostras verrucosa or verrucous skin lesions on the feet of patients with diabetic neuropathy? J Dermatol 43(3); 329-331, 2016.
  • Hotta E, Tamagawa-Mineoka R, Masuda K, Taura M, Nakagawa Y, Kanehisa F, Tashima S, Katoh N. Anaphylaxis caused by y-cyclodextrin in sugammadex. Allergol Int 65(3):356-358, 2016.
  • Hotta E, Nakai N, Katoh N. Multiple Fixed Drug Eruption Caused by Promethazine Methylene Disalicylate as One of the Components of PL(®) Combination Granules. Indian J Dermatol 61(3); 348, 2016.
  • Arakawa Y, Nomiyama T, Katoh N. Three hundred and eight nanometer excimer light therapy for alopecia universalis that is resistant to other treatments: A clinical study of 11 patients. J Dermatol 43(12); 1412-1416, 2016.
  • Kataoka Y, Nakai N, Katoh N. Histology Resembling Cutaneous T-Cell Lymphoma in Nodular Scabies: A Case Report. Indian J Dermatol 61(1); 125, 2016.
  • Taura M, Asai J, Cho Z, Wada M, Katoh N. Drug eruption due to entecavir: A case report and mini-review. Allergol Int 65(3); 334-335, 2016.
  • Taura M, Wada M, Kataoka Y, Ueda Y, Takenaka H, Katoh N, Asai J. Case of pigmented dermatofibrosarcoma protuberans with atrophic change. J Dermatol 43(10); 1231-1232, 2016.
  • Taura M, Asai J, Yamazato S, Kanehisa F, Masuda K, Katoh N. Anaphylaxis due to bromovalerylurea. J Dermatol 43(6):707-708, 2016.
  • Tsutsumi M, Kono M, Akiyama M, Katoh N, Nakai N. Reticulate acropigmentation of Kitamura with a novel ADAM10 mutation: A case repot. J Dermatol 43(8); 963-965, 2016.
  • Tsutsumi M, Asai J, Wada M, Takenaka H, Katoh N. Malignant melanoma showing a rapid response to nivolumab. Australas J Dermatol 57(1);61-63, 2016.
  • Kaneko Y, Nakai N, Kida T, Kawahito Y, Katoh N. Mouth and Genital Ulcers with Inflamed Cartilage Syndrome: Case Report and Review of the Published Work. Indian J Dermatol 61(3); 347, 2016.(免疫内科学との共同)
  • Yokose C, Asai J, Kan S, Nomiyama T, Takenaka H, Konishi E, Goto K, Ansai SI, Katoh N. Myoepithelial carcinoma on the right shoulder: Case report with published work review. J Dermatol 43(9); 1083-1087, 2016.(人体病理学との共同)
  • Bieber T, Akdis C, Lauener R, Traidl-Hoffmann C, Schmid-Grendelmeier P, Schäppi G, Allam JP, Apfelbacher C, Augustin M, Beck L, Biedermann T, Braun-Fahrländer C, Chew FT, Clavel T, Crameri R, Darsow U, Deleuran M, Dittlein D, Duchna HW, Eichenfeld L, Eyerich K, Frei R, Gelmetti C, Gieler U, Gilles S, Glatz M, Grando K, Green J, Gutermuth J, Guttman-Yassky E, Hanifin J, Hijnen D, Hoetzenecker W, Irvine A, Kalweit A, Katoh N, Knol E, Koren H, Möhrenschlager M, Münch D, Novak N, O'Mahony L, Paller AS, Rhyner C, Roduit C, Schiesser K, Schröder J, Simon D, Simon HU, Sokolowska M, Spuls P, Stalder JF, Straub D, Szalai Z, Taieb A, Takaoka R, Todd G, Todorova A, Vestergaard C, Werfel T, Wollenberg A, Ring J. Global Allergy Forum and 3rd Davos Declaration 2015: Atopic dermatitis/Eczema: challenges and opportunities toward precision medicine. Allergy71(5); 588-592, 2016.
  • Itsumura N, Kibihara Y, Fukue K, Miyata A, Fukushima K, Tamagawa-Mineoka R, Katoh N, Nishito Y, Ishida R, Narita H, Kodama H, Kambe T. Novel mutations in SLC30A2 involved in the pathogenesis of transient neonatal zinc deficiency. Pediatr Res 80(4); 586-594, 2016.
  • Inoue H, Park JH, Kiyotani K, Zewde M, Miyashita A, Jinnin M, Kiniwa Y, Okuyama R, Tanaka R, Fujisawa Y, Kato H, Morita A, Asai J, Katoh N, Yokota K, Akiyama M, Ihn H, Fukushima S, Nakamura Y. Intratumoral expression levels of PD-L1, GZMA, and HLA-A along with oligoclonal T cell expansion associate with response to nivolumab in metastatic melanoma. Oncoimmunology 5(9); e1204507, eCollection 2016.
  • Suzuki G, Yamazaki H, Takenaka H, Aibe N, Masui K, Takanaka T, Asai J, Komori S, Wada M, Katoh N, Yamada K. Definitive Radiation Therapy for Angiosarcoma of the Face and Scalp. In Vivo 30(6); 921-926, 2016.(放射線診断治療学との共同)
  • Saeki H, Nakahara T, Tanaka A, Kabashima K, Sugaya M, Murota H, Ebihara T, Kataoka Y, Aihara M, Etoh T, Katoh N; Committee for Clinical Practice Guidelines for the Management of Atopic Dermatitis of Japanese Dermatological Association. Clinical Practice Guidelines for the Management of Atopic Dermatitis 2016. J Dermatol 43(10); 1117-1145, 2016.
  • 加藤則人、佐伯秀久、中原剛士、田中暁生、椛島健治、菅谷 誠、室田浩之、海老原全、片岡葉子、江藤隆史、日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドライン作成委員会. アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版. 日皮会誌126(2);121-155, 2016.
  • 益田浩司、加藤則人. 乾癬性関節炎のアダリムマブ治療例. Visual Dermatology15(5);508-509, 2016.
  • 峠岡理沙、加藤則人.  アレルゲン解説書-ジャパニーズスタンダードアレルゲン(2015) (Part2.) パッチテストパネル(S)-2 (case 14) カルバミックス. Visual Dermatology 15(3);266-267, 2016.
  • 安池理紗、峠岡理沙、加藤則人. ステロイド外用剤による接触皮膚炎の1例.  J Environ Dermatol Cutan Allergol 10(2);112-118, 2016.
  • 安池理紗、峠岡理沙、竹中秀也、加藤則人. 非典型的な臨床像を呈した酒皶様皮膚炎の1例. 皮膚の科学15(6);466-469, 2016.
  • 池本千花、奥沢康太郎、浅井 純、竹中秀也、加藤則人. 肛門粘液癌に伴う肛囲二次性Paget病の1例. 臨皮70(1);67-71, 2016.
  • 山田良則、金丸麻衣、田嶋佐妃、奥沢康太郎、野見山朋子、竹中秀也、加藤則人. 石灰化を伴った踵部の血管平滑筋腫. 皮膚病診療38(7);715-718, 2016.
  • 金子由佳、中井章淳、加藤則人. 慢性に経過した多発滑液包炎の1例. 臨皮70(3);245-248, 2016.
  • 金子由佳、峠岡理沙、野見山朋子、竹中秀也、加藤則人. 顔面に多発した発疹性毳毛嚢腫. 皮膚病診療38(3);307-310, 2016.
  • 堤 美穂、峠岡理沙、加藤則人. Stevens-Johnson症候群vs抗ラミニンγ1類天疱瘡. Visual Dermatology15(7);671-673, 2016.
  • 田浦麻衣子、安見真希、在田貴裕、金久史尚、張 財源、浅井 純、加藤則人. 急性汎発性発疹性膿疱症を合併した劇症型A群溶血性連鎖球菌感染症の1例. 臨皮70(7);487-492, 2016.

Ⅳ.学会発表

■A国際学会

■シンポジウム

  • Katoh N. Management of atopic dermatitis in Japan. International Symposium for Atopic Dermatitis 2016. 2016 May 20; Sao Paulo, Brazil.
  • Katoh N. Adherence: the first goal in topical treatments. Psoriasis 2016, The 5th Congress of the Psoriasis International Network. 2016 Jul 8; Paris, France.
  • Katoh N. H1-antihistamines in atopic dermatitis-Does it really work? The 16th Asian Dermatological Congress. 2016 Oct 16; Mumbai, India.
  • Katoh N. How do current therapies address skin inflammation response? Translating new concepts in the pathogenesis of atopic dermatitis into therapy. The 41th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology. 2016 Dec 9; Sendai, Japan.

■一般講演

  • Tamagawa-Mineoka R. Possible involvement of Toll-like receptor 3 in skin inflammation in Stevens-Johnson syndrome. 1st International Stevens-Johnson Syndrome Symposium. 2016 Jan 24; Kyoto, Japan.
  • Wada M, Arioka S, Ouchi K, Katoh N. Clinical analysis of eleven Japanese patients with childhood-onset psoriatic arthritis. Psoriasis 2016, The 5th Congress of the Psoriasis International Network. 2016 Jul 8; Paris, France.
  • Tamagawa-Mineoka R, Possible roles of toll-like receptor3 in inflammatory skin disease. Asia-Pacific Combined Dermatology Research Conference 2016. 2016 Aug 25-28; Noosa, Australia.
  • Mizutani H, Tamagawa-Mineoka R, Masuda K, Nakamura N, Katoh N. Increased serum levels of interleukin21 in adult patients with atopic dermatitis. Asia-Pacific Combined Dermatology Research Conference 2016. 2016 Aug 25-28; Noosa, Australia.
  • Isohisa T, Asai J, Cahyadi H, Minamikawa T, Harada Y, Tanaka H, Takamatsu T, Katoh N. Evaluation of extramammary paget’s disease by Rama microspectroscopy. 46th Annual ESDR Meeting. 2016 Sep 7-10; Munich, Germany.(細胞分子機能病理学との共同)
  • Komori S, Nakae M, Sawada H, Okamura R, Asai J, Takenaka H, Kobayashi A. A case of type 1 diabetes mellitus and colitis due to nivolumab in a patients with advanced melanoma. 12th Meeting of the German-Japanese Society of Dermatology. 2016 Oct 12-14; Nagano, Japan.
  • Masuda K. Utility of serum levels of thymus and activation-regulated chemokine as a clinical biomarker in atopic dermatitis. The 4th Eastern Asia Dermatology Congress. 2016 Nov 16-18; Tokyo, Japan.
  • Yasuike R, Tamagawa-Mineoka R, Ueta M, Nakamura N, Kinoshita S, Katoh N. Toll-like receptor 3 increases chronic contact hypersensitivity induced by repeated application of hapten. The 41st Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology. 2016 Dec9-11; Sendai, Japan.(感覚器未来医療学との共同)

■B国内学会

■シンポジウム

  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎の最新の治療. 第32回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会. 2016年4月23日;岡山.
  • 加藤則人. 皮膚バリアの新知見にもとづくケアを学ぶ. 第80回日本皮膚科学会東部支部学術大会. 2016年10月29-30日;浜松.
  • 浅井 純. 肉芽腫 up-to date. 第68回日本皮膚科学会西部支部学術大会. 2016年11月19-20日:米子.

■教育講演

  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎診療 ガイドラインの改訂の要点. 第115回日本皮膚科学会総会. 2016年6月3-5日;京都.
  • 加藤則人. 経皮感作を考える-食物アレルギーを中心に. 第115回日本皮膚科学会総会. 2016年6月3-5日;京都.
  • 浅井 純、浅野善英、石井貴之、岩田洋平、川上民裕、小寺雅也、藤本 学. 皮膚科医が行うべき膠原病・血管炎による皮膚潰瘍のケアについて学ぼう. 第115回日本皮膚科学会総会. 2016年6月3-5日;京都.
  • 野見山朋子. 汎発性脱毛症に対するエキシマライトの有用性の検討. 第115回日本皮膚科学会総会. 2016年6月3-5日;京都.
  • 赤須玲子、浅井 純、阿南 隆、安齋眞一、石川 晃、伊東慶悟、大迫順子、小川浩平、加来 洋、清原隆宏、清島真理子、高井利浩、高山良子、田中麻衣子、田中 勝、土田哲也、鶴田大輔、福本隆也、藤田靖幸、三浦圭子、皆川 茜、村田洋三、柳原茂人、山田七子、山元 修. 実践!皮膚病理道場(実技①および②). 第115回日本皮膚科学会総会. 2016年6月3-5日;京都.

■一般講演

  • 峠岡理沙、益田浩司、加藤則人. 接触皮膚炎を合併したアトピー性皮膚炎の1例. アトピー性皮膚炎治療研究会第21回シンポジウム. 2016年2月27-28日;大宮.
  • 上田有希子、服部淳子、峠岡理沙、益田浩司、加藤則人. アリルイソプロピルアセチル尿素およびエテンザミドが被疑薬と考えられた多発性固定薬疹の1例. 第79回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会. 2016年2月20-21日;東京.
  • 金子由佳、安見真希、金久史尚、和田 誠、浅井 純、竹中秀也、加藤則人. 頭部に生じた巨大な色素性エクリン汗孔腫の1例.  日本皮膚科学会第444回京滋地方会. 2016年3月5日;京都.
  • 南山里奈、金子由佳、戸瀬彩加、上田有希子、金久史尚、張 財源、峠岡理沙、浅井 純、竹中秀也、加藤則人、齊藤睦美. 壊死性筋膜炎が疑われたSweet病の1例. 日本皮膚科学会第444回京滋地方会. 2016年3月5日;京都.
  • 中川弘己、張 財源、和田 誠、浅井 純、竹中秀也、加藤則人. Pseudoxanthoma elasticum-like papillary dermal elastolysisの1例.  日本皮膚科学会第444回京滋地方会. 2016年3月5日;京都.
  • 山田良則、近森亜紀子、竹中秀也. 多彩な組織像を呈した頭部グロムス腫瘍の1例.  日本皮膚科学会第444回京滋地方会. 2016年3月5日;京都.
  • 峠岡理沙、益田浩司、堤 美穂、南山里奈、加藤則人. 成人発症した魚類アレルギーの5例. 第275回日本皮膚科学会東海地方会. 2016年3月20日;名古屋.
  • 金丸麻衣、浅井 純、益田浩司、松井雅裕、加藤則人. 複数臓器にわたる多重がんが生じた原爆被爆者の症例. 第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会. 2016年5月27-28日;鹿児島.(耳鼻咽喉科・頭頸部外科学との共同)
  • 大狩慶治、上田有希子、堀田恵理、若林祐輔、和田 誠、張 財源、浅井 純、中井章淳、竹中秀也、加藤則人. 有茎性を呈した腋窩原発アポクリン腺癌の1例. 第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会. 2016年5月27-28日;鹿児島.
  • 上田有希子、金久史尚、浅井 純、竹中秀也、古野優一、新井啓仁、中村寛子、沼尻敏明、加藤則人. 頭蓋骨への浸潤を伴い両頚部リンパ節転移をきたした前頭部基底細胞癌の1例. 第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会. 2016年5月27-28日;鹿児島.(脳神経機能再生外科学、耳鼻咽喉科・頭頸部外科学、形成外科との共同)
  • 金子由佳、金久史尚、浅井 純、竹中秀也、加藤則人、宮地 充、土屋邦彦、家原知子、細井 創、爲政大幾. 成人女性に生じた頭皮原発胎児型横紋筋肉腫の1例. 第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会. 2016年5月27-28日;鹿児島.(小児発達医学との共同)
  • 南山里奈、金久史尚、張 財源、和田 誠、浅井 純、竹中秀也、加藤則人. 当科における悪性黒色腫に対するニボルマブの使用経験. 第32回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会. 2016年5月27-28日;鹿児島.
  • 加藤則人、佐伯秀久、江藤隆史、片岡葉子、手良向聡、奥泉 薫、有馬和彦. 中等度~重症アトピー性皮膚炎成人患者のプロファイル:前向きレジストリ研究のデザイン. 第115回日本皮膚科学会総会. 2016年6月3-5日;京都.(生物統計学との共同)
  • 峠岡理沙、安岡奈帆子、上田真由美、益田浩司、加藤則人. アトピー性皮膚炎患者のステロイド剤外用による眼圧への影響についての検討. 第115回日本皮膚科学会総会. 2016年6月3-5日;京都.(感覚器未来医療学との共同)
  • 金丸麻衣、山崎明子、田嶋佐妃、益田浩司、竹中秀也、加藤則人、名越久郎、古林 勉、黒田純也、谷脇雅史、比留間政太郎. 皮膚症状から確定診断に至った播腫型接合菌症の1例. 日本皮膚科学会第445回京滋地方会. 2016年6月25日;京都.(血液腫瘍内科学との共同)
  • 田浦麻衣子、若林祐輔、浅井 純、益田浩司、加藤則人. エソメプラゾールによる薬疹を疑った1例. 日本皮膚科学会第445回京滋地方会. 2016年6月25日;京都.
  • 大狩慶治、堤 美穂、服部淳子、益田浩司、竹中秀也、加藤則人. 線状汗孔角化症の1例. 日本皮膚科学会第445回京滋地方会. 2016年6月25日;京都.
  • 中川弘己、小森敏史、竹中秀也、加藤則人、中井章淳. 炎症性線状疣贅状表皮母斑の1例. 第109回近畿皮膚科集談会. 2016年7月10日;兵庫.
  • 金久史尚、加藤則人. 汎発性膿疱性乾癬に対するインフリキシマブ治療中にIgA腎症を発症した1例. 第31回日本乾癬学会学術大会. 2016年9月2-3日;宇都宮.
  • 沢田広子、金久史尚、小森敏史、浅井 純、竹中秀也、加藤則人、山中行人、渡辺彰英. 眼窩内容除去術後に網状分層植皮術を行った3例. 第31回日本皮膚外科学会総会・学術集会. 2016年9月10日;静岡.(視覚機能再生外科学との共同)
  • 上田幸子、服部淳子、峠岡理沙、益田浩司、加藤則人. クロルヘキシジングルコン酸塩による即時型アレルギーの1例. 日本皮膚科学会第447回京滋地方会. 2016年9月17日;滋賀.
  • 田浦麻衣子、張 財源、上田幸子、峠岡理沙、加藤則人. 低汗性外胚葉形成不全症の1例. 日本皮膚科学会第447回京滋地方会. 2016年9月17日;滋賀.
  • 西本陽加、沢田広子、田浦麻衣子、金久史尚、浅井 純、加藤則人、安田 律、高木智久、内山和彦、内藤裕二. 潰瘍性大腸炎に合併した壊疽性膿皮症の1例. 日本皮膚科学会第447回京滋地方会. 2016年9月17日;滋賀.(消化器内科との共同)
  • 岡村玲子、峠岡理沙、北村佳美、大狩慶治、若林祐輔、服部淳子、益田浩司、加藤則人、立石千晴、鶴田大輔. 抗BP180型粘膜類天疱瘡の一例. 第67回日本皮膚科学会中部支部学術大会. 2016年10月22-23日;大阪.
  • 金丸麻衣、在田貴裕、浅井 純、益田浩司、竹中秀也、森本健司、田宮暢代、髙山浩一、加藤則人. 肺扁平上皮癌によるSister Mary Joseph Noduleの1例. 第80回日本皮膚科学会東部支部学術大会. 2016年10月29-30日;浜松.(呼吸器内科学との共同)
  • 片岡悠紀子、峠岡理沙、益田浩司、加藤則人. 当院で全身麻酔手術時にアレルギー症状を発症した患者に関する検討. 第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会. 2016年11月5-6日;東京.
  • 大狩慶治、峠岡理沙、益田浩司、山里志穂、上田幸子、服部淳子、加藤則人. バイオリンによる接触皮膚炎の1例.  第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会. 2016年11月5-6日;東京.
  • 中川弘己、峠岡理沙、益田浩司、服部淳子、加藤則人. ロジンにより口唇部に色素沈着性接触皮膚炎をきたしたと考えられた1例.  第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会. 2016年11月5-6日;東京.
  • 北村佳美、峠岡理沙、益田浩司、大狩慶治、岡村玲子、若林祐輔、服部淳子、加藤則人. 発汗テストを施行した乏汗症の3例.  第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会. 2016年11月5-6日;東京.
  • 鈴木加余子、矢上晶子、足立厚子、伊藤明子、池澤優子、加藤敦子、関東裕美、杉浦真理子、中田土起丈、西岡和恵、松倉節子、峠岡理沙、宮澤 仁、安永千尋、松永佳世子. パッチテストパネル(S)の金チオ硫酸ナトリウムの陽性反応の検討.  第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会. 2016年11月5-6日;東京.
  • 南山里奈、西本陽加、沢田広子、大狩慶治、田浦麻衣子、堤 美穂、金久史尚、若林祐輔、浅井 純、竹中秀也、加藤則人. 関節リウマチ患者にみられたサイトメガウイルスによる肛門周囲潰瘍の1例. 第68回日本皮膚科学会西部支部学術大会. 2016年11月19-20日;米子.
  • 大狩慶治、金久史尚、服部淳子、加藤則人、横瀬千美、中井章淳. 小児に生じた皮下型環状肉芽腫の1例. 日本皮膚科学会第448回京滋地方会. 2016年12月17日;京都.
  • 西本陽加、田浦麻衣子、若林祐輔、竹中秀也、加藤則人. 特異な臨床像を呈した胃癌の皮膚転移の1例.  日本皮膚科学会第448回京滋地方会. 2016年12月17日;京都.
  • 中江 真、小森敏史、峠岡理沙、加藤則人、高山 峻、岡山哲也、内藤裕二、伊藤義人. 脱毛を主訴に診断したCronkhite-Canada症候群の1例.  日本皮膚科学会第448回京滋地方会. 2016年12月17日;京都.(消化器内科学との共同)

Ⅴ.その他

■その他の講演

  • 益田浩司. 乾癬患者へのドボベット外用療法. シリーズ皮膚疾患を考える会−第7回専門医制度−. 2016年1月16日;京都.
  • 峠岡理沙. パッチテストを診療に活かそう!パッチテストの活用法と生活指導について. 尾道・三原地区皮膚科医会. 2016年1月
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎について. 第2回厚生労働省アレルギー疾患対策推進協議会. 2016年2月12日;東京.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎の治療のアドヒアランスを高めるポイント. 第79回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 ランチョンセミナー. 2016年2月20-21日;東京.
  • 加藤則人. 治らないアトピー性皮膚炎に診療ガイドラインは使えるか? 第12回アトピー性皮膚炎治療研究会シンポジウム イブニングセミナー. 2016年2月24日;さいたま市.
  • 竹中秀也. メラノーマ:治療.  第115回日本皮膚科学会総会. 2016年6月3-5日;京都.
  • 益田浩司. 乾癬とはどんな病気ですか-乾癬の診断-. 第115回日本皮膚科学会総会. 2016年6月3-5日;京都.
  • 加藤則人. 乾癬の治療―これまでとこれから. 皮膚疾患治療のUP TO DATE. 2016年8月6日;京都.
  • 加藤則人. 尋常性乾癬の治療―解決したこと、さらなるチャレンジ. 第31回日本乾癬学会学術大会 イブニングセミナー. 2016年9月2-3日;宇都宮.
  • 加藤則人. 乾癬の外用療法のアドヒアランスを高めるために. 乾癬フォーラムin京都. 2016年9月15日;京都.
  • 益田浩司. アダリムマブが有効であった関節症性乾癬の1例. Humira® Expert Meeting in Kyoto. 2016年10月24日;京都.
  • 益田浩司. 小児の蕁麻疹. 第9回京都こどもの皮膚病カンファレンス. 2016年10月27日;京都.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年度版-外用療法を中心に-. 第46回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会 ランチョンセミナー. 2016年11月5-6日;東京.
  • 加藤則人. アレルギー性皮膚疾患について. 厚生労働省研修会事業リウマチ・アレルギー相談員養成研修会. 2016年11月7日;東京.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎の診療とガイドライン. 第68回日本皮膚科学会西部支部学術大会 ランチョンセミナー. 2016年11月19-20日;米子.
  • 竹中秀也. 創傷治癒・創傷処置の基礎から最新のトピックスまで. 京都整形外科医会11月例会. 2016年11月26日;京都.
  • 加藤則人. アレルギー性皮膚疾患における痒み治療の重要性. Allergy Symposium in Tokyo. 2016年12月4日;東京.

■その他

  • 加藤則人. Clinical Exercise Q考えられる疾患は何か? 臨皮70(10);741-742, 2016.
  • 加藤則人. 皮膚を診ること. アレルギーの臨床36(11);13, 2016.
  • 浅井 純. 悪性黒色腫治療-今後の課題. 臨皮70(5);160, 2016.

皮膚科学教室