ホーム > 診療を受けられる方 > 専門外来について

専門外来について

  • 専門外来へは、専門外来医の初診日に受診していただくか、初診・再診外来の時にご希望下さい。

アトピー外来

慢性炎症性皮膚疾患であるアトピー性皮膚炎に対して、症例ごとに増悪因子を把握して予後を見通した上で治療計画を立て、治療ガイドラインに沿った薬物療法や生活指導、環境整備による治療を行っています。疾患の正しい理解と対処法の説明に十分な時間をかけた診療を行っています。痒疹などの難治例への紫外線療法も行っています。また、通院治療でなかなか軽快しない方や急に症状が悪化した方への入院治療、アトピー性皮膚炎についての知識と理解を深め、今後の治療や普段の日常生活に役立てていただくための教育入院を積極的に行っています。

乾癬外来

炎症性角化症である乾癬は、ありふれた疾患であるにもかかわらず専門医が少なく、使用する薬剤や紫外線療法の特性について専門知識と経験が必要なことから、府内外から多くの紹介をいただいています。外用薬だけで軽快しない方への、ナローバンドUVBやUVAの紫外線全身照射装置やエキシマライトを用い紫外線療法、内服療法、生物学的製剤療法などを行っています。また、皮膚のみならず関節(手指、腰部)や腱付着部(アキレス腱、足底、脊椎)に炎症を生じる乾癬性関節炎(関節症性乾癬)に対しても関連各科と連携を図りながら診療を行っています。特に、乾癬とその治療法に関する理解を深め、今後の治療や普段の日常生活に役立てていただくための教育と紫外線療法を兼ねた入院治療を積極的に行っています。

皮膚外科外来

ホクロなどの母斑、粉瘤・脂肪腫をはじめとする皮膚腫瘍や熱傷などによる皮膚潰瘍といった外科的治療を必要とする皮膚疾患を中心に診療しています。手術(皮膚腫瘍切除術、植皮術・皮弁形成術を用いた再建術など)は、日帰りもしくは入院して行いますが、患者さんと相談の上、手術の内容・予定を決めます。また、必要に応じて術後のフォローアップを行っています。

皮膚腫瘍外来

主に皮膚悪性腫瘍の治療および治療後のフォローアップを行っています。皮膚癌のなかでも悪性黒色腫、有棘細胞癌、乳房外パジェット病といったより専門的治療を必要とする疾患に対して、皮膚悪性腫瘍指導専門医(竹中准教授、浅井講師)を中心に積極的に取り組んでいます。皮膚悪性腫瘍の治療として手術はもちろんのこと、場合によっては化学療法や放射線療法も行います。他科と連携しながら、皮膚癌の診断から治療まで一貫して皮膚科で行っています。高齢化社会に伴い皮膚癌は増加傾向にあり、当科にも多くの患者さんが紹介されています。

褥瘡・創傷ケア外来

褥瘡、糖尿病性潰瘍・壊疽、膠原病に伴う皮膚潰瘍などの慢性難治性皮膚潰瘍に対して診療を行っています。最近増加している閉塞性動脈硬化症(ASO)、バージャー病など末梢動脈疾患による難治性皮膚潰瘍については、循環器内科、血管外科、糖尿病内科と連携をとりながら治療にあたっています。また、創部の処置については、個々の患者さんに適した毎日のケア方法を指導しています。例えば、下肢静脈うっ滞性皮膚潰瘍患者さんに対しての弾性ストッキングなどによる圧迫療法の指導や褥瘡患者さんに対する除圧方法の指導などです。褥瘡については主に入院患者を対象としていますが、医師、専門看護師、栄養サポートチームなどから構成された褥瘡対策委員会を中心に、褥瘡発生の予防および治療を行っています。

蕁麻疹・アレルギー外来

蕁麻疹外来では2002年に開設以来、数多くの患者さんを診察してきました。蕁麻疹の症状や経過、薬剤の効果などは個人差があります。詳細な問診からそれぞれに適した検査、治療を行っていきます。
また、食物・薬剤アレルギーの原因検索も積極的に行っています。詳細な問診の上アレルギーが疑われる場合は、パッチテスト、プリックテストや内服チャレンジテストを行い原因物質・薬剤の特定を行います。

毛髪外来

髪の毛は、性別・年齢を問わず私たちにとってとても大切な体の一部です。病気によって頭髪に限らず、眉毛・睫毛・髭・体毛が抜けてしまうこともあります。毛は毛周期という、成長期・休止期・退行期という3つのサイクルによって成り立っています。そのため発毛には、経過が良好でも数カ月と時間を要し、加療が長期に及ぶことは珍しくありません。よって患者様と医師との信頼関係を大切にした診療をめざしています。
当院では円形脱毛症、男性型脱毛症、女性のびまん性脱毛症、発熱や薬剤・膠原病による脱毛症等々、いろいろな種類の脱毛疾患を診療しています。

光線力学療法 (photodynamic therapy~PDT~)

京都府立医科大学皮膚科では、早期の皮膚癌や、多発する皮膚癌、手術が難しい皮膚癌(日光角化症・ボーエン病・乳房外Paget病など)に対して光線力学療法を行っています。光線力学療法は重篤な副作用がなく、手術に比べて侵襲が少ないため、日帰りでの治療が可能です。治療適応の有無につきましては、当科医師が判断しますので、治療を希望される方は一度皮膚科外来を受診して下さい。

レーザー外来

レーザーはその波長によって、特定の色を持つ物質に吸収され強いエネルギーを発することから、皮膚の色素性病変の治療に用いられます。当科では、Qスイッチアレキサンドライトレーザーを用いて異所性蒙古斑、太田母斑、外傷後色素沈着の治療を行い、これまで難治とされた色素性疾患に著効を示しています。

膠原病、リンパ腫外来

膠原病において皮膚症状が主である場合、診断・治療を中心に診療しています。対象疾患は、全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎、シェーグレン症候群などです。病状により入院が必要な場合は入院治療も行っています。当院の膠原病内科と連携よく診療しています。
また、皮膚リンパ腫の代表である菌状息肉症の他、類乾癬、セザリ-症候群、リンパ腫様丘疹症、皮膚白血病などの診断・治療を行っています。当院の血液内科、放射線科、化学療法部と連携をとり、最適な治療法を目指しています。

診療を受けられる方